コラムColumn

希望者が増える”介護脱毛”

将来の為の【介護脱毛】

まだまだ先のことと思っていませんか?

本日は、現在急増中の「介護脱毛」についてお話をさせていただきます。

介護脱毛とは…
将来、介護されることを想定してVIO脱毛をすることです。

自分でトイレに行くことが難しくなると、お世話をしてもらうことになるのですが、デリケートゾーンは、毛の間や皮膚に排泄物が残りやすい部位で、拭き残しにより炎症や感染症を引き起こすことも珍しくありません。免疫力が低下している場合も多いですし、オムツなどで菌が増殖すると炎症や感染症のリスクが高まります。

そのため、介護者はより丁寧に拭く必要があるわけですが、毛があると、その拭き取りがとても大変なんです。
ごしごし拭いて肌を傷つけてしまってはよくありませんし、優しく丁寧に拭きとろうとするととても時間がかかります。

たくさんの方が入所されている施設などでは1人の方にかけられる時間も限られてくるので、拭き残しによるトラブルなども実は多いと言われています。

また、排泄問題はとてもデリケートで、清潔な状態が保たれないことは自尊心の低下にもつながると言われています。ただでさえ体力などが低下している状態ですから、心の元気がなくなってしまうと、体の調子にも顕著に影響が出てしまいます。

デリケートゾーンの毛がないと、とてもふき取りやすく、清潔に保つことができて、感染症や皮膚トラブルのリスク、オムツ交換の際の臭いを軽減することができるんです。

介護を経験したからこそVIO脱毛

ここ10年で45歳以上の方の脱毛が急増しました。

親や家族の介護を経験し、オムツ交換や身体を拭く際にムダ毛があることで、身体の清潔を保つことが大変だったという経験から脱毛をする方が多いそうです。

「自分が介護を受ける立場になった時には、介護者の手を煩わせたくない」と考える方はとても多いのです。

そして、他人ごとではない理由がもう一つ。
デリケートゾーンの毛は30代ぐらいから白髪が生え始めると言われています。
脱毛は毛のメラニン色素に反応させて熱を加えるので、白髪などのメラニン色素が少ない毛は黒い毛に比べて効果が出にくくなってしまいます。
将来のためにも早くから脱毛することはとてもおすすめです。

介護脱毛は、介護される人、介護する人の双方に大きなメリットがあります。
ぜひ、ご検討されてみてはいかがでしょうか。

 

一覧に戻る